FC2ブログ

株式用語50音順リスト

裁定取引(さいていとりひき)

裁定取引とは

同じように値動きする2つの金融商品で、割安なほうを買って、割高になったものを売ることにより リスク回避して、収益を上げる取引のことを言います。

市場の価格が理論価格に近づいて乖離率が低くなり、割安、割高の状態がそれぞれ解消された時、 反対売買をすることで収益を上げる取引の方法です。 「アービトラージ取引」とも呼ばれます。
スポンサーサイト

  > >

株式用語リスト