株式用語50音順リスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売り材料 (うりざいりょう)

売り材料とは

投資家が持っている株式を売ろうと思うきっかけとなる出来事のことをいいます。

「悪材料」とだいたい同じ意味で使われますが、信用取引で 使われる場合は、反対の意味を指します。
株式相場全体、または個々の銘柄にとってマイナスの 報道などがあると、それは「売り材料」といわれます。
一般的にはそのことによって、株価は下がります。
株価に影響を及ぼす期間は、売り材料によって違ってきます。 短期的な売り材料であれば、株価は一時的に下落しますが、 安値は続きません。
「売り材料」の対の言葉として、「買い材料」というのがあります。
これは、その株式を買うきっかけとなる材料のことです。
日本の株式市場では、「円高」は売り材料に、「円安」は 買い材料にあたります。
スポンサーサイト

  > >

株式用語リスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。