株式用語50音順リスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資信託(とうししんたく)

投資信託とは。。。 株の専門家が、複数の投資家から集めたお金をまとめて、 『有価証券』などに分けて投資して、 そこで得た収益を出したお金の額に応じて投資家に戻す商品です。
つまり、「お金をもうけたいが、株のことはよくわからない」「まとまったお金がないので購入単位の大きな株は買えない」という場合でも、複数の人からお金を集め、それをまとめて専門家が運用してくれ、また、複数の金融商品を購入することでリスクを軽減することができる。という商品である。 銀行預金のように元本は保証されないが、個人で投資するよりもリスクが軽減できる。 投資信託の種類は多く、株式で運用する『株式投資信託』や、債券で運用する『公社債投資信託』などがよく知られている。一般的には、激しく値動きのある「株式」よりも「債券」の方がリスクが少ないと言われているが、公社債だからといって必ずしも安全とは言えないので、投資家個人がその資金の使い道などを考慮して選択する必要がある。
スポンサーサイト

  > >

株式用語リスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。