株式用語50音順リスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日中足(にっちゅうあし)

日中足とは

ローソク足の中で、その日の1日の動きを対象とするもののことをいいま す。適時な株価や、その日の株価の連続した動向を見ることができます。

スポンサーサイト

日銀(にちぎん)

日銀とは

実は政府の一機関ではなく、政府から独立した株式会社で、日本の中央銀行(日本銀行)のことをいいます。

1882年10月に設立され、それ以来、中央銀行として金融政策を担当しており、主な役割は、物価と金融組織の安定です。


現物(げんぶつ)

現物とは

実際に、取引の対象である受渡し可能な株式など、有価証券そのもののことをいいます。


物取引(げんぶつとりひき )

現物取引とは

投資家と証券会社の間で決済日に、現金と株式などの受渡しが行われる取引のことをいいます。

日本の株式の場合、現物取引は普通取引で、受渡しは約定日の3日後(T+3)となっています。


現提(げんてい)

現提とは

信用取引などの決済方法で、売り建ての株式を決済する場合に、売り建てた株式を渡して、代金を受け取ることをいいます。


ケネディショック(けねでぃしょっく )

ケネディショックとは

1963年7月と10月の株価暴落のことをいいます。

1963年7月にケネディ大統領が、金利平衡税を導入することを発表 した時、日本国内への資金流入が望めなくなったことから、日経平均株価は大幅に下落さらに、同年の10月に、ケネディ大統領が暗殺され、やはり株式市場は混乱した為、こう呼ばれています。


景気循環株(けいきじゅんかんかぶ)

景気循環株とは

素材産業(紙パルプ、化学、鉄鋼ほか)や工作機械メーカーなどの設備投資関連銘柄のことをいいます。

景気の動向によって受注動向が、大きく左右される特徴があり、不況から好況に転じた場合は、2倍、3倍といった大幅な増益になることも珍しくありません。


限月(げんげつ)

限月とは

オプション取引や先物取引の期限が、満了となる月のことをいいます。日本のオプション取引は毎月で、先物取引は、債券、株式共に3月6月9月12月です。


人材バンク関連リンク

SOHO人材バンク
SOHO、在宅ビジネス、副業の求人・求職情報を無料で登録、検索できるサイト。

人材派遣会社
派遣というのは、さまざまな会社に行って仕事をするので、職種も多種多様。 そのおかげで、昨日までは「経理」というものが未知の世界だったのに、今日は「経理」が理解できる・・・。 そんなことがしょっちゅう起こっているのです。

ブランカフェ
イマージュの姉妹店、ブランカフェでお買い物


気配公表銘柄(けはいこうひょうめいがら)

気配公表銘柄とは

店頭取扱有価証券(証券会社が、投資勧誘を行う為の要件を備えた銘柄の中から、公正慣習規則第2号(日本証券業協会が定める規則)により、日本証券業協会へ届けが出され、気配の公表を行っている銘柄のことをいいます。


オススメリンク3つ紹介

サンチョクサーチ サンショクサーチでお調べオッケー。

結婚相談所を調べよう
年会費が高い!とか、サービス内容はイイの?入会方法は?等の 皆様の不安を一つでも解消できたらと思います。 以下の6つのカテゴリーから「今知・・・・・

住宅ローン
住宅ローンの金利を比較しよう。返済シュミレーションも。


現引き(げんびき)

現引きとは

信用取引で買い建てた株式の代金を支払って、株式を受取り決済することをいいます。


ギャルズタウンを含むリンク


ギャルズタウンは女性の為のポータルサイトです。

ゴールドカード比較
あなたにぴったりの一枚を。ワンランク上のカードをゲット。

チャットレディ募集
チャットレディで高収入バイト。ライブチャット募集サイトを、待機保障やカメラなしなのか?在宅アルバイトなのか?ぽっちゃりOK?高収入?を徹底比較しています。


FRS(Federal Reserve System)(えふあーるえす)

FRSとは

連邦準備制度といい、日本銀行に該当し、アメリカの中央銀行システムのことをいいます。


乗り換え(のりかえ)

乗り換えとは

現在、所有している株式などを売って、別のものを購入することをいいます。


ノイアマルクト(のいあまるくと)

ノイアマルクトとは

1997年3月にスタートした株式市場で、ベンチャー企業育成によってドイツ産業界を立て直す為、ドイツで創設されたベンチャー企業を対象とした、株式市場のことをいいます。


値ザヤ稼ぎ(ねざやかせぎ )

値ザヤ稼ぎとは

同じ銘柄株の上下の値動きを利用して、きわめて短い期間に値上がり分や 値下がり分を儲ける売買のことをいいます。

普通の株式取引でも、株価の上げ下げを利用しての利益の追求をしまが、普通の株式取引は、短期と言っても数ヶ月ですが、値ザヤ稼ぎはきわめて短い期間(1日の間の売買もあり)というところが要点です。


値ぼれ買い(ねぼれがい)

値ぼれ買いとは

ある銘柄株の値段に、引かれてその株を買うことをいいます。

投資の手法として判断が適切であれば、値ぼれ買いも良いのですが、株式投資の難しさは、値ぼれした水準が割安で安値かどうかは、後からわかることです。


値つき(ねつき)

値つきとは

証券取引所の立会時間内に、株式の売買取引が成立して値段がつくことをいいます。

値つきは、相場全体の状態にも左右され活気があれば、値段のつく銘柄は増えますが、静かな状況であれば値段のつく銘柄は減少します。


年足(ねんあし)

年足とは

ケイ線の中の一つで、株価の1年毎の値動きを表わしたもののことをいいます。

株価の動きは、四角で表わされ始値より終値が高ければ白い四角で、始値より終値が低ければ黒の四角で示されます。長期の株価動向を見る指標として、利用されています。


値頃(ねごろ)

値頃とは

株式を売り買いするのに適した値段のことをいいます。

株価のどこが、値ごろなのかそれを計る投資尺度は、無くそれぞれの投資家の考えによる部分が、ほとんどと言えます。


のれん代(のれんだい)

のれん代とは

各企業が持つ無形固定資産のことで、ブランド、顧客との関係、従業員の能力などのことをいいます。

企業が他社を買収する場合にかかる金額には、買収する企業の純資産に加 えてのれん代がかかるとされ、無形固定資産は、企業の地道な活動の積み上げによって作られるもので、のれん代を支払う意義は、無形固定資産を作る時間を買うことであるとされています。


減益 (げんえき )

減益とは

企業の利益が前期に比べて減ることをいいます。

単純に減益とは、税引利益や最終利益が減少することを指しますが、経常利益や営業利益が減少することも減益です。その場合は経常減益、営業減益といいます。


景況感格差(けいきょうかんかくさ)

景況感格差とは

複数の国や地域などの景気情勢の動きを比較して、目的の景気状況を測るときに、用いる考え方のことをいいます。

投資している企業や地域に影響を与えると考えられ、他の景気情勢との比較は、景気動向指数により解説されます。


気配(けはい)

気配とは

市場での株価水準、需給状況を示す用語で、売買立会いによる取引において、売りは、いくらで売れそうか、買いは、いくらで買えそうか売買の目安となる価格のことをいいます。

市場に出された注文のうち、売り注文は一番安い値段で、買い注文は一番高い値段が、発表されるが、実際に取引が行われる価格と同じとは限りまん。


決算 (けっさん)

決算とは

3月決算の企業の場合、9月までの上半期の決算を中間決算と言い、3月までの1年間の決算を本決算とし、企業の一会計年度における営業成績や財政状態をまとめるために行う一連の作業のことをいいます。

最終的に貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書などで表されます。


繰り上げ償還 (くりあげしょうかん )

繰り上げ償還とは

債券や投資信託を償還期限が、くる前に償還することをいいます。

投資信託などの約款の中で期限の有無にかかわらず、途中で償還できることが、規定されています。これは期間中にその投資信託などの規模が減少した場合に、当初の運用が困難になることもありえるためです。


クレジットコスト(くれじっとこすと)

クレジットコストとは

回収不能の貸付金などの債権(不良債権)の処理金額のことで、処理した事により、その期の損益計算書に算出される損失額のことをいいます。


グラマーストック(ぐらまーすとっく)

グラマーストックとは

直訳すれば、心を惑わすほど魅力に富んだ株といい、アメリカの証券用語で、将来性のある超有望株のことをいいます。


クローズド期間(くろーずどきかん)

クローズド期間とは

原則として日本の投資信託は、受益者は自由に換金することができますが、商品によっては、一定期日の間、解約できないものがあり、その解約できない期間のことをいいます。

期間は、投資信託によって、色々ですが、設定日から3~6ヶ月または、 1年といった場合が多いです。そうした期間を設けているファンドでも、約款に定められた特別の理由がある場合は、販売会社が買い取りを行う形での換金は、ほとんど可能です。


  > >次の株用語

株式用語リスト

次の株のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。